想い

成長し続ける組織の在り方とは

働き方が多様化し、組織というコミュニティに所属することの意義や価値も変化しています。従来の物理的・即物的なものから心理的な領域の比重が大きくなる中で、そこで働く個人も、その集合体である組織においても、その関係性や在り方に向き合うべきタイミングを迎えています。

私たち人間は、組織に所属することや他者と交流することに何を求めているのか。唯一無二の正解はないのかもしれませんが、人間の本質に立ち返って考えた時、そこで働く社員の一人ひとりが、自分らしさと成長実感・貢献実感を得られる組織であることが大切な要素だと私たちは考えます。

そして組織に所属することの意義は、一人では成しえない壮大な挑戦への可能性が広がることであり、そこには目的や想いに賛同した仲間との協働があるはずです。

リーダーやメンバーが個々に活躍するだけではなく、各々が持てる力を結集して、新たな価値の創出に挑戦し続ける活力溢れる組織。私たちは、この組織を自立協創型組織と呼び、組織へのコミットメントを引き出す「目的の共有」、共に働く仲間へのコミットメントを醸成する「職場の一体感」、自身の仕事への誇りとコミットメントを生み出す「仕事への関与」を切り口に、理想の状態に近づくための多面的な支援を行っています。

vision01

未来を切り拓くリーダーの資質とは

ある仕事の経験年数が業務成果に直結していた時代では、保有する経験という正解をメンバーに伝播することが組織マネジメント上の要諦でした。時代は変わり、正解を誰も持っていない中で探求模索する社会となってからは、自分の意思で未来を切り拓いていくリーダーの存在が不可欠です。

優秀なリーダーが共通して持つ資質は何か

将来を見据えて新たなことに挑戦していく。日々発生する様々な問題に向き合い、周囲を巻き込んで解決へと導いていく。メンバーとビジョンを共有し、個の力を結集する。メンバー同士が助け合い、協力し合える関係性を築く。そして誰よりも物事にコミットメントする信頼に足る人物である。

これらのリーダーに求められる要件は、国や地域、組織規模の大小や業種・業態に関わりなく、あらゆるリーダーに共通しています。なかでも大切なのは、新たな価値を創り出し、志やビジョンでメンバーを繋ぎ、共に成し遂げていく能力です。この土台の形成なくしてリーダーとしての成長はないといっても過言ではありません。

組織発展の鍵を握るリーダー人材を育むために、いつ、どのような刺激と機会を提供することが効果的なのか。私たちは、メンバーとの協創によって未来を切り拓いていくリーダーを協創型リーダーと呼び、経営・人事上の重要施策の環境づくりと共に、その成長を支援します。

vision02

何が人を成長させるのか

働き方、生き方の選択肢が増えた結果、一人ひとりのプロフェッショナルとしての自覚が求められています。真の自立に向けて何が必要か。会社という組織で働くことにどのような意義と価値を見出すか。これらの問いに対する自分なりの解を出すことが、成長への第一歩となるはずです。

プロフェッショナルとは、高い専門性と物事に向き合う姿勢によって形成されます。そしてこれにはゴールはなく、働くという選択をする以上は常に問われ続けるものでもあります。関係者から頼られる人材として自身を磨き続けること。入社一年目であったとしても、自分はプロフェッショナルであるという自覚を持つことが成長のスタートであり要諦です。

同時に、あらゆる仕事の本質は他者との交流の中にあります。どういう立ち位置で物事に向き合うか。何を自分が解決すべき問題として捉えるのか。こういった関わり方の違いの積み重ねが、物事へのコミットメントを生み、大いなる飛躍を遂げられるかどうかの分岐点となります。自分は何のために働くのか。社会や周囲に対してどのような貢献をしていくのか。私利私欲を超えた大義や夢を抱くこと。それがリーダーとしての成長に向けた第一歩となるのです。

真に自立したプロフェッショナル人材を如何にして育てるか
大きな未来を築くリーダー候補を如何にして育てるか

人の成長の本質は、「自身のあり方」に向き合うこと。私たちは、自立的に自己を磨き、組織や社会に貢献していくことができる人材、自立型組織人の成長を支援していきたいと考えます。

vision03