若手社員の育成

若手社員の育成方法に悩んでいる

若手社員と位置づける期間は各社各様ですが、さまざまな領域の真のプロフェッショナルとして活躍していく専門性を身につけるには、10年程度の時間と投資が必要です。

新卒から社会人となってから30歳くらいまでの間に、仕事や組織、そして自分自身にどう向き合い、如何に過ごすかが、その後のプロフェッショナルやリーダーとしての成長と飛躍に影響を与え、何よりビジネス人生を充実させるうえでの重要な要素であると考えます。

仕事とは何か、働くとは何か。

組織で働くことの意味や意義に向き合うこと、周囲への貢献のあり方を考え抜くことなどを通じて、働くという経験の中から良質な学びを得るための基礎を固めることが重要です。

若手社員の真の自立に向けた成長ストーリーを共有し、具体的な施策の企画、運用を支援します。

solution-5