教育体系の見直し

リーダーが育つ教育体系へと進化させたい

各社が行う社員教育には、人材に対するポリシーが強く反映されます。いつまでに、どのような人材に成長してほしいのか。どのようなスキルを磨いてほしいのか。それらの人材ポリシーに基づいた教育体系が実行されることで、人の成長は加速されます。

リードクリエイトは、「人は自らの意思で主体的に育つものである」という前提に立ち、自己理解に立脚したリーダー育成の体系構築、リーダーの成長にとって特に重要な転機における最良の刺激を階層別教育の中のプログラムとして提供します。

大切なことは、社員が自らの意思で学ぶために、会社がどのような成長の機会を提供するかです。学ぶことそのものだけではなく、何を学ぶ必要があるのかという自己の成長課題に向き合い、気づく場として研修を設計し、それらが一連のストーリーで実行される状態を目指します。

3つの特長

特長 戦略と人材像・人事諸制度との連動

中期的に会社が向かうべき方向性のすり合わせ、およびその事業環境で期待するリーダー像の設計、更には人事諸制度(特に等級要件)との連動を図り、メッセージ性と整合性の高い育成体系を構築します。

特長 成長課題を特定するための能力要件設計

アセスメント事業で培われた能力要件の策定技術、ノウハウを活かし、人材像や等級要件から具体的で明瞭な能力要件を設計します。

特長 教育施策の全体設計・プログラムの提供

能力要件に沿ったプログラム設計および研修前後のフォローアップ方法まで、能力開発、行動変革に向けた統合的な育成施策を策定します。