リーダー育成

メンバーと共に新たな価値を創造し、
組織を持続的に発展させる人材の育成

組織の中核を為すリーダーの育成は、
的確な育成対象者の選定と
効果的なタイミングによる取り組みが重要です。
プレイヤーからの大きな役割変化に直面するミドル層、
次世代の経営を担う人材群などを中心に、
自らが主体的に自己変革していくリーダーの
育成プランを企画・提案します。

ミドル層のリーダーシップ開発

成果を出し続けるために必要な能力は、自ら課題を設定し周 囲を巻き込みながら実行するといった汎用的な能力と、各業界や企業に特化して求められる専門的な能力とに分類されます。そして、管理職などのマネジメント階層は、人を介して成果を上げることが求められることに加え、先行きが不確実で不透明なビジネス環境の中においては、形骸化しやすい専門的な能力だけでなく、汎用的な能力の発揮割合を高めていくことが成果創出には欠かせません。
しかし、専門的な能力に比べて、汎用的な能力の開発には多くの時間や経験が必要になります。特に、リーダーに求められる汎用的な能力(コア・コンピテンシー)の開発は、一朝一夕では実現しません。組織の中核を為すミドル層のリーダーシップ開発に向けては、早期かつ計画的にと言われる所以がそこにあります。リードクリエイトは、ミドル層の育成を中期的かつ体系的に設計していくことが重要であるという考えのもと、単一階層の施策ではなく、階層別教育の全体ストーリーから効果的な育成プランを企画します。

概念図 概念図

ミドル層のリーダーシップ開発を促進させる3つの要素

  • 01

    リーダーに求められる能力要件を明確にし、目指す目標を意識する機会を増やすことでマインドセットを促す

  • 02

    「能力の棚卸し→自己成長に向けた課題化→良質な経験と振り返りによる学習」を繰り返し、
    実ビジネスに沿った実践的なリーダーシップ開発を促す

  • 03

    理想のリーダーに近づくために、各個人の主体的かつ継続的な能力開発を促す

概念図 概念図

次世代経営人材の選抜・育成

日本企業の多くは、組織力全体の底上げを重視するが故に、企業内ゼネラリスト、言わば優秀な実務者を長期間かけて育成する傾向があります。その結果、次世代の経営を担うポテンシャルを有する人材が量・質の両面で圧倒的に不足しているという問題に直面しています。
リードクリエイトは、次世代の経営を担うリーダーの計画的育成を実現するために、体系的な選抜・育成の枠組みから、人材要件の策定、人材アセスメントの効果的な活用支援、 アセスメントデータを活用した育成プランの企画・運用までを一貫してサポートします。

目標ステージとなるポジションにおいて、期待通りのパフォーマンスを発揮できるポテンシャルが備わっているかを科学的に測定・診断したうえで、その後の育成施策を一人ひとりの成長課題に合わせて設計します。

概念図 概念図

海外ローカルマネジャーの育成

業種業態、企業規模を問わず、日本企業のグローバル進出は加速しています。進出する地域も広範囲におよび、現地のローカル人材に対するリーダーシップ開発が重要なテーマとなっています。
しかし現状では、ローカル人材をマネジャー以上に選抜したり、引き上げたりするための人選基準が存在せず、育成施策も整備されていないケースが多くみられます。結果、実力が伴わず登用されてしまったことにより、期待に応えられないまま大きくモチベーションを低下させてしまうなど、海外の有望な人材を十分に活かしきれていないという問題を抱えている企業が増えています。
これまで現場のオペレーション業務を担ってきた人材が、急にマネジャーとして活躍することは容易ではありません。単なる業務管理の役割に留まらず、後進を育成したり、組織を活性化させたりするというマネジャー本来の役割を認識させ、必要なスキルや能力を強化・開発していくことが重要です。

リードクリエイトは、現地法人で高いポジションを担うローカル人材に対する計画的な育成施策を企画・設計し、望ましいマネジメント行動とリーダーシップの発揮に向けた具体的プランを提供します。本社と現地法人の架け橋として、理念と価値観を体現するマネジャーの育成を目指します。

概念図 概念図
© LEAD CREATE Inc. 2019